Go to Top

『新型コロナウイルス接触確認アプリ(厚生労働省)』6月中旬公開予定!


Google と Apple が共同開発した API を活用!

新型コロナウイルスの拡大が世界的に続いていますが、各国で「アプリ」を活用する取り組みが広まっています。
そんななか日本でも、感染者と濃厚接触した可能性が高い人に通知を送ることができる「新型コロナウイルス接触確認アプリ」(厚生労働省)が、6月中旬に公開されます。

8077

機能を有効化したユーザーは(本人同意のうえ)、スマートフォンの「Bluetooth 通信」を利用し、ほかのスマートフォンと近接した状態を検知。
近接判定される距離は「約 1m」で、情報は自身のスマートフォン内だけに暗号化して記録し、14日後に自動で無効化されます。

8067

また、ユーザーへの通知は1日1回。陽性者と過去 14 日間に「約 1m」以内で 15 分以上の近接した状態の可能性があった場合に届きます
通知を受けた場合には、症状を選択する画面が表示され、次に適切な受診窓口が案内されます。

厚生労働省では、広く利用されなければ効果が出ないとして、人口の6割利用を目指す方針です。

 

 出典:新型コロナウイルス接触確認アプリについて(厚生労働省)

 参照元サイト:HUFFPOST

 

, ,