Go to Top

【MORISAWA PASSPORT】ようやくMac OS Catalina に対応!


コンテンツ制作に欠かせない、モリサワのフォント

Mac OS Catalina のリリースから4ヶ月以上かかりました!!
モリサワ「MORISAWA PASSPORT アップグレード2020年2月版」の提供を開始し、ついに macOS Catalina をサポートしました。

1022

「TypeBank PASSPORT 2019年10月版」で Catalina への対応が行われましたが、「MORISAWA PASSPORT 2019年10月版」では見送られました。

知らずにMac OS をアップグレードしてしまったユーザーや、新しい Mac を購入したユーザーは、フォントのインストールやライセンス更新ができないため、困ったユーザーも多かったように思います。

インストール方法はいつもと同じでも問題はありませんが、使わなくなった古い 32bit のコンポーネントが Mac の中に残ったままになってしまうので、気になる人は次の手順で再インストールできます。

■ インストール方法 ■

1)パッケージキーを必ずわかるようにメモしておきます。
2)「フォントインストーラー」を開き、「インストール済み」「次へ」「エクスポート」の順にクリックして、現在のフォント情報を保存します。
3)「フォントアンインストーラー」を開き、「使用PC変更」手続きを行います。
4)モリサワのアプリケーションを全て終了してから、Finderで「アプリケーション 」フォルダを開き、「MORISAWA」フォルダを削除します。
5)通常の手順で「MORISAWA PASSPORT」をインストールします。
6)「フォントインストーラー」で「インポート」をクリックし、事前に書き出していたフォント情報を読み込みます。

 

 

出典:モリサワ