Go to Top

【日本郵便】2020年2月3日からキャッシュレス決済導入!


利便性の向上および外国人観光客への対応を目的として実現

日本郵便では全国「65の郵便局」で、2020年2月3日よりキャッシュレス決済を導入します。
クレジットカードや交通系電子マネー・各種スマホ決済が利用可能になりますが、長野県では「長野中央郵便局」が2月から、その他は5月から導入される予定です。

3022

 

キャッシュレス決済可能な商品・サービス

・郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃
・切手、はがき、レターパックなどの販売品(印紙を除く)
・カタログ、店頭商品などの物販商品

利用できる決済ブランド

【 クレジット・デビット・プリペイドカード(非接触対応カードを含む)】
VISA・MasterCard・JCB・AMERICAN EXPRESS・Diners Club・銀聯(Union Pay)

【 電子マネー・交通系IC 】
IC・iD・WAON・QUICPay+

【 スマホ決済 】
ゆうちょ Pay・Amazon Pay・au PAY・d 払い・LINE Pay・メルペイ・Origami Pay・PayPay・楽天ペイ(アプリ決済)・アリペイ(Alipay)・WeChat Pay

3033

 

現金だけの決済だった郵便局のキャッシュレス化は、日本全体のキャッシュレス化という視点でも大きな意味を持ちそうです。

 

 

出典:日本郵便 プレスリリース