Go to Top

AIがサイトの改善点を発見するツール『CACICA(カシカ)』β版公開!

 

タグ設置のみ、今すぐはじめる「AI × マーケティング」

デジタルコンサルティング事業を手がける「株式会社シンカー」では、AIがアクセスログを分析し、サイトの改善点を発見してくれるツール「CACICA(カシカ)」のβ版を公開しました。

5022

このツールは、AIがユーザーに変わってWebサイトの現状や課題点を「可視化」してくれるサービス
導入時に必要なのは「タグ」を設置するだけ、後は「CACICA(カシカ)」が膨大なアクセスログからサイトの状況を解析してくれる。

5033

サイトのアクセス状況を分析した上で、ユーザーを「5つのクラスター」に自動で分類。
それぞれのクラスターごとに代表的な「カスタマージャーニー」を作成し、コンバージョン(CV)したユーザーとしなかったユーザーを比較することで改善点を抽出するというもの。

5044

「CACICA(カシカ)」β版ではツールを無料で提供し、レポート作成や具体的なWebサイトの改善提案を含むコンサルティングが1回30万円から利用可能です。

5066

今後は、コンテンツを閲覧した情報が複数のデバイス(PC・スマホ)を超えて引き継がれるクロスデバイスや、位置情報を利用した分析機能などを順次追加していくとのこと。

これまで以上に、多角的に精度の高い解析ができるようになりますから、活用を希望する企業は多いのではないでしょうか。

 

 

出典:株式会社シンカー
https://cacica.ai