Go to Top

心拍数の異常を検知!Apple Watchがまた1人の命を救う


Apple Watchがユーザーの心拍数の異常を検知!

Twitterユーザーのアイラ・フラトー氏(@iraflatow)の弟は Apple Watch を使用していたところ、毎分200回(200bpm)の心拍数を検知したため、病院に行くようにと告げられました。

診断の結果は頻脈状態だったそうです。
フラトー氏は「弟が病院にいた15時間の間、病院のモニタリング機器と Apple Watch の心拍数表示が一致していないときは一度もなかった」ともコメントしています。

1033

心拍数センサーを搭載した Apple Watch が発売されてから、多くの命が救われ「series 4」でも、事例が報告されています。

フラトー氏の事例は、すでにティム・クックの耳にも入っており、ツイッターで「彼が間に合うように診察を受けられたと聞いて嬉しいよ。彼がうまくいくことを願っています。」とコメントしています。

 

 

参照元サイト:livedoor.com