Go to Top

木簡・古文書のくずし字解読システム『MOJIZO』アプリで登場!


古文書などの文字を撮影し検索すると、候補の字を教えてくれる!

昔の人の書いた字を読みたいけど、達筆すぎて読めない・・・っと思ったことはありませんか?

奈良文化財研究所と東京大学史料編纂(へんさん)所が、くずし字を画像から調べる「木簡・くずし字解読システム MOJIZO」のスマホ・タブレット版をつくり、ネット上で公開しています。
古文書などの文字を撮影し、このシステムで検索すると候補の字を教えてくれるというもの。

3003
検索対象は古代から近世までの約6千字。一つの字に複数の画像がある場合もあり、約3万点の画像から類似度の高い順に最大100件、表示されます。
専門家だけでなく古文書などを読みたい人に大変好評のようです。

今回、出先でも手軽に検索できるようスマホ・タブレット版も公開。海外で漢字への関心が高まっているのを受け、英語・中国語(簡体字、繁体字)・韓国語の利用案内も追加したとのこと。
検索の精度を高めるため、背景を消したり、文字の色を濃くしたりするスマホ用画像処理アプリの開発も進めているそうです。

4004
参照元サイト:朝日新聞デジタル

『MOJIZO』木簡・くずし字解読システム
http://mojizo.nabunken.go.jp/

簡・くずし字解読システム ご利用方法
http://mojizo.nabunken.go.jp/doc/legend.html