Go to Top

定額制有料動画配信サービス利用ユーザー第1位『Amazonプライムビデオ』


月額1,000円以下、見放題で提供する「定額見放題」サービスの利用者急増!

ICT総研から「2017年 有料動画配信サービス利用動向に関する調査」として、定額制の動画配信サービスの利用者数や利用率、サービスの人気度などが発表されました。

4,405人のインターネットユーザーを対象としてWebで実施!

アンケート結果では、動画配信・無料サービスのみを利用するユーザーは「67%」。
また、定額制サービスを利用するユーザーは「13%」で、動画サービスを全く利用しない人は「18%」でした。

2023
定額制動画サービスを利用していると回答した中で、約「68%」が Amazonプライムビデオ を利用しているとのこと。
続いて、Hulu の「25%」、dTV の「16%」、Netflix が「14%」と続きます。

2024
第1位の「Amazonプライムビデオ」は、プライムミュージックなど、その他の定額制コンテンツも付帯されてくるお得度の高さが魅力なのかもしれません。

 

◉「定額制有料動画配信」上位サービス

【1】Amazonプライムビデオ

年会費3,900円(税込)の有料会員サービス「Amazonプライム会員」に登録することで、映画・ドラマ・アニメなどのコンテンツが見放題になります。

2025

【2】Hulu(フールー)

月額933円(税抜)で、映画・ドラマ・アニメなどの配信コンテンツが見放題。
料金は一切変わらず安心して視聴できます。

2026

【3】dTV ドコモが運営している動画配信サービス

月額500円(税抜)。月額料金が動画配信サービスで最も安い、ドコモユーザー以外でも加入でき、映画やテレビ番組が見放題以外にも「BeeTV」「FOXチャンネル」も視聴できます。

2027

【4】Netflix

ベーシック:650円(税抜)、スタンダード:950円(税抜)、プレミアム:1,450円(税抜)と、3つの料金プランが用意されているので、自分に合ったプランから選ぶことができます。

【5】GYAO!(ギャオ!)

無料で映画・ドラマ・アニメ・バラエティを視聴することができます。
「プレミアムGYAO!(月額課金型)」では月額800円(税抜)でGYAO!では視聴できない限定作品も見ることができます。

 

ICT総研
http://ictr.co.jp/report/20171213.html