Go to Top

Webサイトを常時SSL化に 早めの対応で警告表示を回避しよう!


「Not secure(保護されていません)」

近頃、アドレスバーのURL表示が「https://」になっているサイトをよく見かけますね。
見慣れた表示は「http://」から始まりますが「S」が付加されています。

222
これは、取得してるドメインが実際に存在していることの証明で、安心してサイトを訪問ください、というお墨付きの証です。
全体https化(常時SSL化)「保護された通信」などといわれます。

プラウザ「Google Chrome」非SSLページへの警告表示を強化!!

2017年10月中旬リリース予定のブラウザ「Google Chrome 62」から、非SSLページへの警告表示が強化され「Not secure(保護されていません)」と表示されるようです。
この表示は、テキストボックスを含むすべてのページに適用されるので、検索用であっても入力フォームがあると警告されてしまいます。

今までは主にパスワードやクレジットカード情報の入力画面が中心でしたが、今回の警告表示の拡大は、個人・企業に関わらず多くのサイトで対応が必要となりそうです。

全てのページを 常時SSL化 することにより、暗号化やドメインが実在していることが証明されます。
サイト管理者にとっては、安心を提供する上で重要なポイントになるのではないでしょうか。

 

グーグル、HTTPページへの警告表示を強化へ
https://japan.cnet.com/article/35100589/

常時SSL化とは
https://ssl.sakura.ad.jp/column/always-on-ssl/