Go to Top

どう解いたかの説明も難しい?小学1年生(6歳)の計算方法が斬新と話題!


大人には思いもよらない方法で計算しています。

「掛け算を習っていない子供に出題したら、予想外の回答が返ってきた」そんな親子のやりとりがTwitterで話題になっている、との投稿を発見。
小学1年生で掛け算も割り算も解いてしまう・・、へぇ〜こんな考え方もあるんだ、納得しちゃいました。

ロボ太さんの息子さんは小学校に上がったばかりの6歳で、掛け算はまだ習っていないはず。大人には思いもよらない方法で計算していたようです。

17 × 6 =?
16 × 4 =?

息子さんに「17×6」を出題したところ「17+17=34」「34+34+34=102」と回答。
34(=17+17)を3回足すという子どもらしい考え方で「17×6」を解いたようです。

しかし、すごかったのはここから!

その後「16×4」を出題すると「68-4=64」と回答。
「17×6」のように32+32で計算するのではなく、引き算を利用して計算しています。

どういう考えで計算したのかよく分かりませんが、息子さんは「17×6」を計算した時に「17×4=68」(34+34=68)の計算結果を一時的に記憶。

そして、その後に出された「16×4」は「17×4から4を引いた数が答えになる」と理解し「68-4」を計算することで「64」と答えたようです。

6歳で解いてしまうとは。息子さんの将来が楽しみです。

 

参照元サイト:ITmedia Inc. ねとらぼ

ロボ太(@kaityo256)