Go to Top

HTTPS化推進、HTTPを使うWebサイトは「安全ではない」明示へ


2018年7月にリリースの「Chrome 68」

Webの「HTTPS」化を推進しているGoogleでは、7月リリース予定のWebブラウザ「Chrome 68」から、
「HTTP」を使用しているWebサイトについて、アドレスバーに「非安全」(not secure)の文字を表示すると発表しました。

1022
Googleは、通信の内容が暗号化される「HTTPS」接続を推進する立場から、検索順位の決定にも影響を与えるなど
措置を通じ「HTTP」から「HTTPS」への切り替えを強く促しています。

現在では「HTTPS」化を促す取り組みが進み、Googleによると「HTTPS」を使ったChrome上のトラフィックは
2017年10月の時点で「Android」と「Windows」が68%「Chrome OS」と「Mac」では78%を占めるようになり
上位100サイトのうち81サイトはデフォルトで「HTTPS」を使うようになったそうです。

検索順位に影響を与えるとなると、今後も「HTTPS」への切り替えは、かなり進んでいくのではないでしょうか。

 

Google Security Blog
https://security.googleblog.com/2018/02/
a-secure-web-is-here-to-stay.html