Go to Top

出身地ズバリ当てちゃいます!東京女子大学篠崎ゼミが開発「方言チャート」


方言に関する2択の質問に答えるだけで出身地を当ててしまう!

出身地鑑定!! 方言チャートは、方言に関する質問に答えるだけで、自分の出身地がわかるチャートです。
東京女子大学・篠崎晃一教授の指導のゼミ生たちによって開発されました。

方言チャートが初めて公開されたのは2013年、サービス開始から1000万人が利用したそうで、今回は利用者からのフィードバックを元に、さらに高い精度で出身地を当てられるようになったとのこと。

というわけで、早速やってみました!

最初はこちらの2択の質問です。

2002
何問か答えていくと、ついに「長野県突入!」が現れました!!

3002
いやいや参りました〜!「長野県、南信エリア」出身と言い当てられてしまいました。

4002
いくつかの「はい」と答えた質問で出身地を絞り込んでいるようです。
こんなに細かい地域まで分かるとは、ちょっとビックリ。

果たしてあなたの出身地は言い当てられるのか、下記の注意事項を読んで、ぜひチャレンジしてみてください。

 

《 利用にあたっての注意事項 》

  • ここでいう出身地とは、3~4歳から13~14歳の言語形成期と呼ばれる時期に生活していた地域を指します。この時期に複数の土地で生活経験のある場合は、出身地の特定が困難になる場合があります。
  • 質問項目の色字に注意してお答えください。
  • 質問項目には、世代を問わず、現在の日常生活においてできるだけ使用頻度の高い語を選んでいます。同じ出身地の親しい人とくだけて話す場面をイメージしながら、お答えください。

 

出身地鑑定!! 方言チャート
http://ssl.japanknowledge.jp/hougen/index.php