Go to Top

販売数量が急増「完全ワイヤレスイヤホン」好調も、半数はApple

 

スマホのが普及と音楽視聴環境の変化が影響

左右部分が独立している、完全ワイヤレスイヤホンの売れ行きが好調のようです。
量販店・ネットショップのデータを集計する「BCNランキング」によると、2018年3月は前年と比べて10倍以上、販売台数構成比も急上昇しています。

102
完全ワイヤレスイヤホンは、アップルの「AirPods」が発売されてから本格的に注目され始め、当時参入していたメーカーは10社程、しかし現在では約30社が新商品を発売しています。

103
上位メーカーの動きをみると、アップルが「AirPods」を発売した当初からほぼ市場を独占。
17年9月には83.7%まで達し、現在でも50%前後とシェアは高く「BOSE」「SONY」と続きます。

Apple AirPods
104
需要が高まる背景には、スマホのが普及と音楽視聴環境の変化が影響しているとのこと。
最近では、通勤や移動時などアナウンスを聞きながら、会話をしながら、様々なシーンで自分だけのBGMを楽しむこともできます。

SONY Xperia Ear Duo(4月21日 発売予定)
106
iPhone7以降イヤホンジャックがなくなり、もはや必須アイテムとなりつつあるワイヤレスの世界。
コードレスで贅沢な音楽ライフを楽しんでみませんか!

 

参照元サイト:BCN RETAIL